直線上に配置

体験談 NO2

友達同士のカラオケ会 女性70歳代

定期的に浄化を依頼されている方から、
友人同士のカラオケ会で、1人だけ当たりが少しきつかったり嫌われているような感じがしてなんとなく雰囲気が悪いとの相談を受けました。

それでは、浄化してみますね。ということで、
その方を捉えて浄化いたしました。

(見えない世界では、情報はすべて繋がっていますので特定するのにお名前を聞いても聞かなくても依頼者との情報の関係性で特定できます。
これは、遠隔浄化をされる気功師はすべて同じです。)

そして相手の方の(見えない世界の情報)を浄化します。(霊体、意識、無意識、因果関係・・・等)
依頼者さんに暫く様子見してくださいと伝えました。
その後、その方とは何事もなく普通になった!。
との連絡をいただきました。


上記同様の浄化方法で、<いじめやストーカー>
を浄化施術させていただいた経験があります。



日常的な事にもいろんなことで、見えない世界の
影響を受けていることがよくわかります。

自分にとってこの方と付き合っても良い影響がない
場合、返ってあまりよくないことが起こる場合は
距離を置く方が得策です。



介護施設の母親の浄化  女性90歳代   

介護施設に入っている母親(98歳)が認知症もあり
左右の大腿骨骨折もしていますが、まだまだ元気で
文字を書いたり、テレビを見たり、歌を歌ったりしてい
ます。良く物が無くなったとかも言う事があります。
夜勤のヘルパーさんとは最初は仲良くやっていたようですが、ある時から、急に不穏な状態になり、その方を見ると悪く言うようになったとの事です。
施設からお話を聞き相談を受け遠隔で浄化しました。


そしてヘルパーさんと母親の(見えない世界の情報)
を浄化します。(霊体、意識、無意識、因果関係・・・
マイナス思考や間違って思い込んでいる情報・・等)
いろいろ関係があるところにアプローチして不要な
ものをイメージして消していきます。

その後、施設から連絡あり、ちょくちょく無くなった物の話はするが、冷静になっていて、不穏な状態は無くなり夜勤のヘルパーさんとも普通になったとの事です。

一度の浄化では、また、新たな妄想が出てくる
可能性ありますので、定期浄化をしていく予定です。

先ずは、一安心です。



体験談NO3  👈クリック

ページトップ戻る

体験談NO1に戻る

トップ頁に戻る